講座紹介

民的視点からのガバナンス

「ガバナンス」は全ての会社に関わるものであり、上場していないから関係ない、規模が大きくないから関係ないというものではありません。また、会社そのものに限らず、会社に関わる全ての人(例えば、従業員、顧客、取引先など)に影響が及ぶものでもあります。本講座では、総合的な内容からローカル企業によく見られるケースまで、幅広くガバナンスに関わる内容を取り上げることによって、書籍で取り上げられるような一般論だけでない、ガバナンスに対するリアルな理解を深めることを目指します。

目次

第1週(ユニット1):コーポレートガバナンスとは何か
第2週(ユニット2):事例からみる上場企業のガバナンス
第3週(ユニット3):ローカル企業のガバナンス
第4週(ユニット4):地域金融機関や地域の専門家の役割

講師

冨山 和彦(経営共創基盤(IGPI)代表取締役CEO)
船木 隆一郎(経営共創基盤(IGPI)プリンシパル)
望月 愛子(経営共創基盤(IGPI)マネージングディレクター)
二木 康晴(経営共創基盤(IGPI)アソシエイト)

講座制作者

株式会社経営共創基盤(IGPI)