シティ・マネジメント基礎

本科目はシティ・マネジメント基礎力育成プログラムの中核科目として、シティ・マネジメントとは何か、いかにあるべきかを海外の制度との比較で学びます。その結果、シティ・マネジメントとは実はPPP(Public Private Partnership)と同じであるという観点に立って、PPPをいかに取り入れるべきか、PPPが非常に身近にある多種多様な形態であること、PPPに対する誤解、典型的なPPPの事例や制度、国の政策(アクションプラン、優先的検討規程)などを学びます。最後に、シティ・マネジメントでもPPPでも本当に重要なことは問題を解決することであるとの観点に立ち、現在地域が抱えている根源的な問題であるインフラ老朽化問題に光を当て、第2のピラミッド問題、解決のための標準モデルの解説、ライフスタイルの変革を伴う省インフラの提唱を行います。また合格者を対象に大学院の模擬講義も行います。

目次

第1週(ユニット1):シティ・マネジメントの基礎的考え方
第2週(ユニット2):PPPの基礎理論
第3週(ユニット3):PPPの政策
第4週(ユニット4):インフラ老朽化問題

講師

根本祐二(東洋大学PPP研究センター長)

講座制作者

東洋大学