地域ビジネスモデル

地方創生の現場で実際においているビジネスモデル改革を参考にして、縮小均衡から閉塞感に陥りがちな地域経済社会を建設的、発展的な方向に転換して、地方創生に成功するためのヒントを得ることを目的にしています。具体的なビジネスモデル改革のパターンを3種類つまり、「外の仕事を地域に持ってくる」、「地域を世界に売り出す」、「地域中で仕事を作る」に分類します。それぞれごとに、上勝町いろどり、クラウドワークス、東大阪まいど1号、下町ボブスレー、北海道芦別市チップ製造工場、(株)神山神領「WEEK神山」などの典型的な事例を紹介します。これらを通じて、いままでの仕事のやり方ではうまく行かないので、ビジネスモデルを改革する必要があったことを明らかにします。これを受けて、実際にビジネスモデルを作ることを学びます。ビジネスモデル設計の理論、ビジネスプラン作成の考え方を学び、ビジネスモデルを地方創生にどう活かせるかを考えていきたいと思います。

目次

第1週(ユニット1):外の仕事を取りに行こう
第2週(ユニット2):地域を世界に広めよう
第3週(ユニット3):地域の中で一緒に仕事をしよう
第4週(ユニット4):ビジネスモデル

講師

山田 肇(東洋大学教授)
阿部 仁志(ABE(エイ・ビー・イー)創研代表、東洋大学客員教授)

講座制作者

東洋大学