地域産業

現在、各地の地域経済は少子高齢化、人口減少が進む中、市場の縮小、国際競争の激化など、さまざまな課題に直面しています。ここでは、地域の産業の視点に立ち、地域が大競争時代を勝つ抜くため、産業の果たす役割、望ましい地域の産業集積、産業構造とは何かなどを明らかにしていきます。まず、地域の産業構造とは何かなどを明らかにするため、地域経済と地域産業の関係、地方創生における産業の役割、地域経済、地域産業の分析方法など地域産業を論ずる上での基本的事項を学んでいきます。次にさまざまな産業について地域の視点を交え、各産業の現況、課題、今後の展開などを現場感覚で明らかにします。具体的には、農林水産業、製造業、商業、サービス産業など個別の産業ごとにどのような変化があったのかを整理するとともに、地域産業と関係の深い地場産業、観光業、地域中小企業にもスポットを当てます。最後に、今後の地域産業の新展開を示す4つの地域を対象に、地域が大競争時代を勝ち抜くために地域の産業はどうあるべきかをみなさんと一緒にケーススタディしていきます。地域産業は地域を支えるエキスであり、地域が持続的に発展するためには、地域に愛される産業を育てることが必要です。「いかに地域産業を育て地方創生を実現していくか」、大競争時代を勝ち抜くヒントを一緒に見つけようではありませんか。

目次

第1週(ユニット1):産業構造と地域経済
第2週(ユニット2):産業別の動向と課題(1)
第3週(ユニット3):産業別の動向と課題(2)
第4週(ユニット4):地域における産業構造変化とその対応

講師

金谷 隆正(東洋大学客員教授)

講座制作者

東洋大学