• ネットラーニング
  • gacco
  • BBT大学
  • 各サイトへのログインはこちら
  • 各サイトへのログインはこちら
  • BBT大学
  • gacco
  • ネットラーニング
ホーム東洋大学シティ・マネジメント基礎力養成講座

講座紹介

東洋大学シティ・マネジメント基礎力養成講座

 東洋大学シティ・マネジメント基礎力養成講座は、計11科目で構成されます。地方創生の総合プロデューサーとしての高い知識を身に付けたい方には、8科目全体の履修をお勧めします。一定期間内に修了した場合は、東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻(遠隔地居住者は双方向型テレビ教育システムを利用可能)への優先入学制度の適用があります。

紹介動画

概要紹介 

1.シティ・マネジメント基礎

世界におけるシティ・マネジメントの基本的な考え方、人口減少時代におけるシティ・マネジメントの基礎的考え方、特に日本で必要なPPP/PFIおよび公共施設・インフラのマネジメントを理解し、人口減少時代に必要なシティ・マネジメントモデルを身に付ける。


2.シティ・マネジメントのための経済理論

なぜ政府(自治体)が必要なのか、それぞれの公共サービスは経済理論ではどう説明されるのか、経済学を用いることで従来解けなかった問題をどう解決すのかを理解する。


3.プロジェクトの資金調達

地方創生を実践するために必要な資金をどのように調達するのか、税金や負債に依存せず、できるだけ民間や市民の資金を有効に活用する方法を習得する。


4.地域ビジネスモデル

地方創生の現場で実際に起きているビジネスモデル改革を参考にして、ともすれば縮小均衡から閉塞感に陥りがちな地方創生を、建設的、発展的な方向性に転換するヒントを得る。


5.まちづくり

日本のまちづくりを体系づけている都市計画、中山間地域などに関する法制度や事例を体系的に理解し、法制度を使いこなすとともに、法制度の課題や発展性を検討できる能力を身に付ける。


6.地域公共サービス

自治体で提供されている公共サービスを、学校教育、社会教育、高齢者福祉、子育て支援等の政策の法制度を体系的に理解する。民間だけでなく、自治体職員にとっても未経験分野の公共サービスの体系的理解は不可欠である。


7.地域産業

世界的な産業構造転換の中でそれぞれの地域はいかに生きていくのか、商業、工業、観光、6次産業、新規事業など地域を産業の観点から捉えて理解する。


8.地域リーダー

地方創生のリーダーシップとは何か、地域リーダーとして活躍しているゲストとの対談を通じてトップリーダー、中間リーダー、現場リーダーなど異なるリーダーシップの本質と役割を理解する。


9.地域分析

RESASの基礎を習得した者、RESASの操作経験のある者を対象に、最終的にはRESASを超えて地域分析が行えるような能力を身につける。なお、基礎部分も一定程度復習するので、RESAS初学者や経験はあるものの十分に理解できていない者も気軽に参加することができる。


10.統合型リゾート

総合観光サービスの代表としてMICEとIRを取り上げ、その意義と工夫の仕掛けの内容を明らかにする。世界標準の統合型観光の現状、課題、今後の方向性を学ぶとともに、それぞれの地域の観光やまちづくりを検討の機会を提供する。


11.シティ・マネジメント基礎(2)

公共施設等総合管理計画、個別施設計画などインフラ老朽化問題に取り組む自治体職員、もしくは、その解決策を提供しうる公共事業・公共サービス関連の民間企業役職員を対象に、適切な公共施設等総合管理計画、個別施設計画の作成・実行およびそれを支援する民間としての活動において、中心的な役割を担えるようになる。

受講はこちらから

[受講する]ボタンでeラーニングシステムのログイン画面が開きます。

ログイン後に、受講したいコースを選択して下さい。

詳細の操作方法は、[受講方法]ページをご参照下さい。