006:地域公共サービス

この科目では、地域公共サービスの内容、およびその提供主体である自治体とはどういうものなのか、どういう仕組みで動いていくのかということについて解説します。まず、日米の制度比較分析を通じて自治の本質は何かを概観した後、日本にける国(府省庁)・県・市町村の関係、執行機関と議会、市民との関係について論じます。続いて、個々の公共サービスの政策体系を紹介します。児童福祉、障害者福祉・生活保護、学校教育、社会教育、図書館・公民館などの福祉、教育政策、さらに、民間や市民との関係において成立する商工政策、雇用政策、観光政策、都市計画、インフラ整備、まちづくりと文化・スポーツを論じます。最後に、こうした公共サービスを提供するうえで不可欠な地方財政・自治体財政の持続可能性の観点から、地方財政の構造と危機、地方交付税と地方債、公共施設マネジメントの課題、公会計改革と自治体経営を概観した後、自治体経営の今後の向かうべき方向性について論じます。

紹介動画

目次

第1週(ユニット1):自治体とは何か (動画:6本、合計:70分)
第2週(ユニット2):基礎的な政策実践 (動画:6本、合計:69分)
第3週(ユニット3):まちづくりに必要な政策実践 (動画:6本、合計:72分)
第4週(ユニット4):地方財政の現状と仕組み (動画:6本、合計:69分)

講師

南 学(東洋大学客員教授)

講座制作者

東洋大学